読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある卵巣がん患者配偶者の記録

2015年1月から9月までの戦いの日々

手術前日

この日から、泊まり込みのため義母が妻の弟の運転で大阪からきた。

この日は、口腔外科で口内洗浄、おへその掃除、夕食までは普通に食べて下剤を服用、毛剃りのあとシャワーを浴びて、麻酔科医からのブリーフィングがある。

就寝前に安定剤の内服をすすめられたが、膀胱が圧迫されていて頻尿のため1時間おきに起きてトイレに行ってるような状況だったので、薬で強制的に眠るのは危ないということを伝えたら、医師も同意してくれた。

予定を消化しつつあった夕刻ごろ、付き添いを義母にバトンタッチして一度帰宅することにした。