読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある卵巣がん患者配偶者の記録

2015年1月から9月までの戦いの日々

浮腫対策の圧縮療法ポンプ

入院してから初めて8時間ぐらい続けて眠ることができた。

4am頃に目が覚めて、自分で弟にメッセージを送っていたようだ。「これまでは痛くなったら毎回ナースを呼ばないといけなくて、でもすぐ来てくれないことも多かったのでつらかったけど、今は自分でボタンを押すだけになったから楽になった。点滴なしで痛み止めの飲み薬と痛み止めパッチだけでコントロールできるようになって飛行機に乗れそうなら、病理の結果を聞けたらすぐに日本へ帰る準備をします。日本の病院は入院の枠を確保してもらってるから、早ければゴールデンウィーク前には帰れるかもしれない。」という内容のことが書いてある。

6am頃にステロイド注射。

8am頃にWhole Foodsへジュースとオレンジを買いに行く。朝食はこれに加えてコーヒーとオムレツと、昨日Tさんがくれたマネケン風ワッフル。

9am頃にPCA再充填。

11am頃に足湯。

12:30pmにナースNicoleが、便秘対策ということで温めたプルーンジュースを持ってきてくれる。アメリカでは便秘といえばプルーンらしい。

自宅で愛犬の世話をしてくれている母からの報告にもとづき、欠品しそうなグッズをAmazonでまとめ買い。

Amazon.com : Orijen Freeze-Dried Original Treats - 3.5 oz : Pet Snack Treats : Pet Supplies

f:id:ovarian:20160127181029j:plain

Amazon.com: Hartz Home Protection Pads for Dogs, 50 ct.: Pet Supplies

f:id:ovarian:20160127181208j:plain

Amazon.com : Chicken Jerky Dog Treats Made in USA Only by Pet Eden, 8 oz strips. Free of Preservatives, Limited Ingredient Healthy Snacks for Dogs and Cats. All Natural, Grain Free : Pet Supplies

f:id:ovarian:20160127181902j:plain

Amazon.com: Scott Naturals Towels, 102 Sheets, 2 Count: Health & Personal Care

f:id:ovarian:20160127182119j:plain

3:20pm、ステロイド注射。8時間起きに注射し続けるらしい。

4pm頃、病棟を歩きに出る。痛みは昨日より強くなっているらしいが、がんばって昨日よりも多く歩く。

4:30pm頃、椅子に座った姿勢から両足を腹筋で持ち上げる。昨日まではできなかったことが今日できるようになっている。

ところで妻は、ベッドで横になると痛みが強くなるので、一日のほとんどの時間をこのように椅子に座って過ごしている。

ここでテーブルに突っ伏したまま寝ることも多い。そのため、ただでさえリンパ節を切除して血液の還流の悪くなっている足が、重力の影響も加わってさらに浮腫みやすくなっている。手術した直後から、一定のペースで膨らんだり萎んだりする機械式の浮腫予防圧縮ポンプ(Lymphedema Compression Pump)が供給されているので、これをふくらはぎに巻いてずっとつけている。

5:20pm頃、背中の局所麻酔パッチが巻き上がってはずれていたので新しいのを貼り直してテープで止める。同時にlaxativeを2錠。

今晩の夜勤シフトはフィリピン人の男性Carlと女性Lynのアジア人コンビ。

7pm頃、チキンサンドイッチという名のチキンバーガーとフライ、スープを買ってくる。が、やはりさすがに妻には厳しかったようだ。Whole Foodsのジュースの残りとネーブルも。お茶を入れるためにカフェテリアからThermosにお湯を入れてくる。

10pm頃、MiraLaxパウダーを溶かしたものとColaceを飲む。いずれもstool softener(軟便剤)で、これでもかというぐらい便秘対策が続く。常にはいていた弾性ストッキングも実は12時間おきに外すべきといわれ、圧縮ポンプとともに外して夜はバンデージでぐるぐる巻きにするだけに。