読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある卵巣がん患者配偶者の記録

2015年1月から9月までの戦いの日々

造影CT撮影、抗がん剤の開始が延期に?

2am頃に吐き気止めの注射をしたが、4am時点でも改善しないらしい。

私が寝ている間のどこかのタイミングで1.3mLのオキシコドン静注が停止し、痛みを訴えていた右膝には局所麻酔のパッチが貼られていた。

4:30am、座薬の吐き気止めを投入。

ここのところ連日、時差のあるアメリカの病院とのやりとりが必要なため、4am過ぎには起きるようにしている。

昨夜時点でH先生は何も受け取っていないとのことだったので、Mountain View Hospitalの病理部にH先生のメールアドレスを付記したFaxを送り、さらに電話したところ、最終的なレポートがUCSFから上がってきたのでMedical Recordを申請しろと言われる。

急いでMedical Recordの申請書を提出したところ、実は入院時にケースマネージャに書かされていたものと同じで、提出済みだったと判明。明日までにはメールで届くことになった。官僚的が手続きが不自由なのはどこの国も同じだ。

6am過ぎ、クレアチニン・クリアランスのための蓄尿終了。これで抗がん剤を開始できるだけの腎機能が維持されているかどうかが判断されることになる。

今日は今までで一番吐き気が強いらしく、また吐き気止めの注射をしてもらうが、効かない。痛みを止めるための薬で吐き気という別の苦痛が強いというのは悩ましい。

しかし、これは薬の種類の問題ではないかと思った妻の意向により、痛み止めをタペンタ錠剤から起きファスト静注に戻してもらうことに。また、昨夜から何も食べられてないので、栄養の点滴も再開してもらうよう依頼する。

7am、オピオイドのFentanyl 100mcgパッチと局所麻酔薬Lidocaine貼り替え。いずれもアメリカから持ち帰った薬を引き続き使っている。

8amを過ぎて食堂での朝食から戻ってきてもMedical Recordが送られてこない。

8:30am、ふたたびMedical Record部署に電話をかけて確認するが、量が多いので明日になるとしか言わない。少しでも早くできる方法がないか、他のものはいらないからPathology Reportだけでも欲しいと言うが聞いてもらえない。歯がゆい。

9:30am頃、Medical Recordが届いたので急いでダウンロード。しかし、76ページの文書のどこをみても古い病理レポートしかない。もうアメリカ西海岸時間では営業時間が終わってしまったので連絡もとれない。どうしてこう、肝心のところばかり抜けるのだろう。信じられない。

10:00am、緩和ケア科のもう一人の先生がきて、痛み止めをもとのオキシコドン静注にもどすことに。

11am頃、妻の弟夫婦と義母が訪問してくることになっていたが、妻から体調がとても悪いので会えないと連絡してと言われる。しかし、電話してみるともう淡路島まで来ていたので、私だけが談話室で会ってこれまでの経緯などを話すことに。

今日はずっとベッド脇のポータブルトイレで、私がいることも気にせず用を足す。以前の妻は何があってもそういうことをしない人だった。苦痛のあまり、なりふり構っていられない様子に心が痛む。むろん、私がそんなことで幻滅するような人間ではないことを、妻もわかってくれてはいるだろう。むしろ、サポートする側の立場からいうと、こういうことに気まずさを感じなくなってくれたほうが、手助けできることが増えて嬉しいというのも事実だ。

しかし、大のときだけは、ちょっと病室の外に出ていて、と言われる。それもまた理解できるので、何度も部屋を出たり入ったりを繰り返す。

11:30am、外でいくら待ってもトイレが終わる様子がない。どうも下痢をしているので時間がかかっているようなので、そのまま昼食に行くことにする。

1pm頃、義弟夫婦・義母の3人から病院についたと電話が入る。

この頃には、痛み止めをタペンタ錠100mg x 2からオキファスト静注に戻した効果で、吐き気も痛みも少しマシになってきていたので、少しなら病室に呼んでもいいということに。

まずは私が談話室で応対し、これまでの経緯を駆け足で話しながら病室に向かい、ベッドを縦に起こしてうとうとしている妻の姿を少しだけみてもらう。その姿をみて、義弟が涙する。ふたたび談話室に戻ってもう少し話をし、来週には治療がはじめられるから。。。ということで希望をもって帰路についてもらう。

ところがその直後、エース級ナースTさんから、尿検査の結果、腎臓の数値が悪いので来週からの抗がん剤は中止になったと告げられ、愕然とする。BEP療法は5日間連続で投入するため、病院の営業日を考えると月曜からしか開始できないので、丸一週間伸びることになるかもしれない、と思い、血の気が引いた。詳しいことはあとで先生から話があると思います、とのこと。

3pm、造影CTのため新米ナースKさんにより右手にルート確保。うまくいかず、流血して寝衣も汚れてしまう。

しかし、アメリカで埋め込んだCVポートは、CTの造影剤を注入するのにも使えることを確認していたので、なぜポートを使わないのか疑問だった。そのことを質問すると、ナースTさんが説明してくれる。いわく、この病院で標準的に使っている造影CTに使うポート用の針というのがあり、それとの互換性がよくわからない。ポートが使えなくなることのリスクのほうが大きいので、今回は大事をとって造影剤は別のルートで投入するという。まぁ、そう言われてしまうと従うほかない。

4pm、妻が造影CTから戻ってくる。

5pm頃、うちの両親がやってくる。寿司やそうめん、洗濯物などを持ってきてくれた。

6:30pm頃、H先生がきて、やはり今朝届いたレポートには最新の病理の結果が含まれていないと言われる。腎臓の数値が良くないので抗がん剤が始められないが、週末もこられるのでギリギリまで様子をみて一日単位でずらしながら開始タイミングを図ろうという話に。とてもありがたい。この月曜を逃せば翌週までのびると思っていたので大安心。妻は先生に栄養の点滴してもらえませんか、と言うが、先生にしっかり口から食べることが大事です、食べなさい飲みなさいと言われ、納得する。

夕食は、そうめん、フルーツ、酢の物などを少しづつ食べた。やはり主治医の一言の影響は大きい。