読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある卵巣がん患者配偶者の記録

2015年1月から9月までの戦いの日々

エアベッド導入

3amにトイレの騒動で目が覚める。トイレに行くたび、相変わらずナース3人がかりの介助が必要で、ベッドに引き上げるときには痛みで苦悶の声が出ている。

就寝後、すでに3回トイレに行ってるらしい。まったく水も飲んでないのにこれだけ大量の水分が体外へ出て行っているのは、浮腫で体に溜まった水分が排出されているからだろうか。そう思いたい。実際、両足は確実に細くなっていっている。

4:30amまでひたすらツバを吐いている。昨日からずっとこんな感じだ。

と書いていたら、またトイレ。結局、1amから7amの間で5回行ったらしい。

11am、通常の病室用ベッドからエアベッドへの交換の相談をされる。体が重くなって動かせず、おしりに褥瘡ができるリスクが高まっているので早めに手を打ちたいようだ。しかし、深く沈むエアベッドのイメージに不安も感じたので、上半身を起こしておしりに負荷を集中させず、きちんと横になってフラットな姿勢で寝れていればその必要はないのでは?ということで実際に体圧を計測してもらう。3回測って平均をとるが、34-39ぐらい。やはり基準値より高く、エアベッドに交換することに。

11:30am、N先生がきてオキシコドンの増量について説明。痛みの原因はわからないが腫瘍の画像を見る限り腹膜側に痛みがあってもおかしくないだろうとのこと。

その後、H先生もきて、今、オピオイドの量が一番中途半端になって悪循環におちいっているので、ベースの絶対量をもとに戻しましょう。また、吐き気がでるからといってフラッシュを使わないことも悪循環の原因で、しっかり使わないとかえって吐き気が強くなる。あと、ジプレキサも必ず飲みましょう、とのこと。

昼過ぎ、エアベッドに交換。

3pm前、母がトイレットペーパーを持ってきてくれる。

私が病院の1階にある理髪店で髪を切ってくる。3500円と結構いいお値段。

夕食をたべて6pmに病室にもどると、清祓後にアップルジュースを飲んで吐いてしまったらしい。抗がん剤をやった翌日以外で吐いたのはこれが初めてだ。

利尿剤を点滴しているので30分おきにトイレに行ってるらしい。今日は2リットルの輸液を行っている。

9pm前にジプレキサだけ何とか飲む。

11pmにトイレ行ったらしい。*1

*1:Write footnote here