読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある卵巣がん患者配偶者の記録

2015年1月から9月までの戦いの日々

いよいよ脱毛開始

4:30amには外が明るくなっている。

5:30am、採血。

7am、採血の結果、血小板がさらに下がって45,000に、白血球は100で変わらず、好中球は10から20へ微増、ヘモグロビンは現状維持との説明。まだまだ厳戒態勢を解けない。

8am、週末なので売店の品揃えがイマイチだが、ミニサンドイッチとどら焼き風パンとコーヒーを買ってくる。妻はいずれも少しづつ食べる。一つ上のフロアの自動販売機でしか売ってないFauchonのレモンティーも、リクエストに答えて買ってくる。

抗生剤も飲む。

9am過ぎ、マキシピーム点滴とG-CSF注射。体温は37.6度で微熱が継続。

10amから理学療法士のTさんが来てゴムバンドを使ったリハビリ法を教えてくれる。

11am、排便のため新レシカルボン座薬を投入、腸内で二酸化炭素を出して排便をうながす新しい作用機序の薬らしい。耐性もつきにくいタイプの薬とのこと。

12pm、普通サイズの排便に成功。硬くもなかったらしい。新しい薬の効果は絶大?

母が昼食と夕食、トイレットペーパー、お茶漬け用の容器を持ってきてくれる。

昼食に、お茶漬けときゅうりの漬物、レバーを少し食べる。違う飲み物をほしがったので、ポカリスエット250mLボトルを買ってくる。

1:30pm、シャンプーと清拭してもらう。このときに頭の後ろに敷いて吸水に使う成人用おむつを買ってきて欲しいと言われる。

Crunchyrollで寄生獣の最終回をみて、母と帰宅。

ドラッグストアで、銭湯に行くとき用のシャンプーや、清拭シャンプー時に水を吸わせる尿パッドなどを買っていく。

6pmに病室に戻ってきて、夕食も弁当からご飯だけとってお茶漬け。スイカも少し食べる。

アセリオと抗生物質の点滴。

7pm、病院の近くにローソンがあるのに気付き、小雨の中、妻のリクエストで午後ティーのストレートを買ってくる。

そして、とうとう脱毛開始。頭髪の抜ける量が増え始めた。

食後のラキソベロンでトイレに行くが、それよりも大陰唇のむくみ?による腫れが気になり、ナースにみてもらう。やはりむくみの一種のようだ。本日3度目?のおむつ交換。交換頻度が増えてきたので18パック2450円のものをまとめ買いしてくる。

9pm前、もう5度目ぐらいのお尻の褥瘡部の絆創膏の交換。何度やってもはがれるので、分厚いタイプのものに交換してもらう。