読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある卵巣がん患者配偶者の記録

2015年1月から9月までの戦いの日々

仕事と事務作業の再開

ラキソベロンの影響で4amにトイレに行ったが不発。

今日は採血なし。

6amにフォンブースへ行き、アメリカの病院や保険会社に電話。治療が一段落ついたことで、ようやくこれまで放置してきていた事務作業に意識を向けられるようになった。

食堂でモーニングを食べ、妻は帰りに買ってきたハムたまごパンとローソンの飲むブルーベリーヨーグルトを食べる。

9amにH先生の回診。今日からFentanylを止めてオキファストを1.0から1.5に上げて置き換えること、点滴も一本にして、オキシコドンを最終的には経口投与に切り替えて点滴を抜くゴールについて説明。

その後、H先生との雑談で、岡山出身の先生は香川県へは単身赴任で、高松市内でオーシャンビューのアパートを探したエピソードなどを話していただける。好中球が500を超えたら院内を車椅子で移動してもok、1000を超えたら外出もok。

私の仕事で明後日の京都出張のためチケットの手配やタクシーについて準備。

10am、検温。37.5度。ノイトロジン注射。

10:30am、清拭。

11am、母が弁当を持ってきてくれる。一緒に高松駅まで行って瀬戸大橋横断・京都行きの新幹線チケットを購入する。

11:30am過ぎ、ことでんタクシーのあと日新タクシーに電話して明後日の京都行きの早朝送迎を予約。

お昼は食堂でカレーパンと売店でロコモコ弁当を買ってくる。妻はロコモコは味が濃くてほとんど食べられなかったが、カレーパンは1/3食べる。うしおじさんのチーズケーキも1/3食べる。しぼりたてリンゴジュースも50mlほど。

口内炎の痛みは昨日(13日目)がピークだったらしい。

しかし脱毛はどんどん進行する。とってもとっても取りきれないぐらい抜ける。しかし、まだパッと見た目にわかるほどではない。

2pm過ぎ、左下腹部の痛みをうったえる。Fentanylをやめたことの反動か?左を上にして横になるほうが痛みがマシなようだ。

しばらくすると、腹部の痛みがおさまってきた様子。一時的なものだったらしい。

理学療法士のTさんがきてくれてリハビリ。少しだけ室内を歩く練習。

今日はほぼずっと病室で仕事をしていた。

7:30pm、母の持ってきてくれた弁当の米でお茶漬け。

8:30pm、長い間トイレに入っていて、出てきたら新しいおむつを出して欲しいという。おむつを交換しようと思ったら突然、盛大に吐く。食べたものを全部吐いてしまった。

10pm就寝。