読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある卵巣がん患者配偶者の記録

2015年1月から9月までの戦いの日々

はじめての病棟外へ

夜中、1-2時間おきに何度もトイレに行く。

昨夜飲んだラキソベロンがまた効きすぎているようだ。

8:30am、はじめて車椅子を出して妻をのせて1階の売店と食堂へ。モーニングセットとピロシキを一緒に食べる。朝食を食べている途中からもよおしてきたので、急いで切り上げて病室にもどり、またトイレへ。

戻る途中、H先生から声をかけられ、好中球も3500ぐらいあるからまだまだ大丈夫、次回は日曜日に採血しましょうと言われる。食事も少しづつ口からとれていることを伝える。順調な経過を報告できることが嬉しくて、胸が踊る。

9:30am、トイレ疲れと寝不足で横になる。

お昼は売店で買ってきた鮭弁当とくるみクリームパンを少しづつ食べる。

1pm過ぎ、義母と義弟が大阪からお見舞いにきてくれた。前回とうって変わって元気な以都美の姿をみて、とても喜ぶ。

4人で一緒に談話室まで歩いて行き、じっくり話し込む。

3pm頃に母が洗濯物をもってあらわれたので、5人で話す。

病室にもどり、妻と義母と義弟の3人を残していったん帰宅する。ひさびさの実の家族3人で過ごす時間となるだろう。

不在中の住所を借りているラスベガスの友人Tさんが今ちょうど夏休みで日本にきていて、アメリカでの私たちあての郵便物を転送してくれていたのが届いたので、それを一気に処理し、シャワーを浴び、弁当をもって病院に戻る。

途中、妻から電話があり、病院へはいつ戻ってくるのかときいてくる。まだ義弟たちはいるようなので、一緒に食堂へ夕食を食べに行くことに。

病院に着いたのが7pmでオーダーストップ直前だったので、すぐに車椅子を出して移動。

妻はきつねうどんを1/3ほど食べた。そこで義弟たちとお別れ。元気になっていく妻の姿をみてもらえて、本当に嬉しい一日だった。

昨夜がトイレで全然眠れなかったので、早めにジプレキサを飲んで9pm前に就寝。