読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある卵巣がん患者配偶者の記録

2015年1月から9月までの戦いの日々

VAC療法C2D1

抗がん剤の2コース目。

熱は37.5度ぐらいに下がっていた。

今回は朝から抗がん剤の投与を始めることに。

売店がオープンする7amにあわせて車椅子を出して一緒に売店へ行き、サンドイッチとコーヒーを買ってきて、冷蔵庫に残っていた飲むヨーグルトと、妻の大好きなクラブハリエのバウムクーヘンを談話室で食べる。

8am過ぎから輸液開始。500mLを2時間で落とす。

10:30am過ぎから制吐剤のアロキシ&デカドロン滴下。

11:00am過ぎに母が妻のリクエストであった王将の焼きそば、焼き飯、餃子を持ってきてくれる。

オンコビンを滴下しながら食事。しかし、あまりおいしく感じないようだ。

12pm過ぎからコスメゲン滴下。

1:30pm前にメスナ静注、エンドキサン滴下開始。

2:30pm、本日の抗がん剤フルコース滴下完了。これから4時間後、8時間後にメスナを投入して出血性膀胱炎を予防する。

4:30pmにH先生が来られて今後の計画について改めて説明。抗がん剤以外の投薬を経口に切り替えていき、リハビリでしっかり歩けるようにし、3コース目までには10日入院と10日在宅を繰り返すという感じに切り替えていく目標でいきましょうと。

この計画を聞かされて、どれほど心強かったことか。

これから、良くなっていくんだ。

不安と希望がないまぜになりながらも、希望がわずかに勝つ。このわずかな差が、決定的な意味を持つのだ。