読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある卵巣がん患者配偶者の記録

2015年1月から9月までの戦いの日々

ダンス・ステップ

夜中、3-4回ほど、妻が自分でトイレのあと点滴棒を引っ張って冷蔵庫のアイスティーをとりにくるのに気がつく。冷蔵庫は自分が寝ているソファ側にあり、ベッドを降りる側からはぐるっと回り込んでこないといけない。

目が覚めて気がつけば冷蔵庫から取り出して渡すけれど、間に合わなくて自分でとって帰ってることもあった。見違えるほど元気になっているのがわかって嬉しいやら、そばにいるのに寝てるだけで役立たずな自分に腹が立つやら、でも自分で体を動かしたほうがいいのだからこれでいいのだと思い直したり、いろいろ複雑な気分。

昨日ひどかった寝汗は、今朝は夜明け前の一度だけ。それも全身ぐっしょりではなく、背中だけだった。

昨日たっぷり外出した疲れで、深めの睡眠がとれたようだ。

7amに一日分の薬の自己管理のため、薬箱に配置。朝はセレコックス、ムコスタ、ウルソ、マグミット、ラキソベロン。昼はウルソ、マグミット。夜はセレコックス、ムコスタ、ウルソ、マグミット、アミティーザ。眠前にジプレキサ

朝、8amより経口持続オピオイドのタペンタが25mg x 2から100mg x 1へと倍増。車椅子を出して食堂へ。ピロシキとモーニングを半分づつ食べる。

今日の担当ナースはO・Mコンビ。頼りになる人たちだ。

オキファストの持続静注量が0.7から0.6へ、同時に濃度も4/6になったので、0.4相当?タペンタへの切り替えと同時に、全体としても減量中。痛み止めの量が減っていくのは、病気が治っていく感じがして、本当に嬉しい。

昼、妻はお腹いっぱいなので、自分用に売店で白身魚とタルタルソースの弁当を買ってきて、昨日買ってきたクリームパンと一緒に食べる。

2pm前、ナースステーションへ体重をはかりにいく。このとき、ケア帽子をかぶって行くのを完全に忘れていたことに、病室に戻ってから気がつく。入れ違いで隣の病室の人が帽子をかぶっているのを見たからだ。せっかく昨日、ウィッグまで買ったのに!

その後、シャワーを浴びにシャワー室へ。

談話室で仕事。

6pm前、母がお好み焼きと焼きそば、父の作ったチキンのチーズ焼き、ビワをもってきてくれたので、一緒に食べる。

理学療法士のTさんとリハビリのためステップの練習をするが、何度やっても失敗してしまう妻。おかげで皆、笑いが絶えない。

リハビリ

昔からこういうどんくさい天然なところがあって、実は高校時代に陸上部で短距離をやっていて、しかも部長だったというと、誰もがビックリする。

食後、近くのイオンへ自分用のグラノーラとヨーグルトを買い出しに行く。ここで自転車や医療用ウィッグ、(もう閉まっていたが)タコ焼きまで売っていることに気がつく。もっと早く来てみればよかった。

Crunchyrollで「家政婦のミタ」の8-9話、U-Nextで「笑ゥせぇるすまん」の1話をみる。