読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある卵巣がん患者配偶者の記録

2015年1月から9月までの戦いの日々

2度目の外出はホテルでランチ

夜中トイレは2amと4amで二度。

5:30amに目が覚めるが、妻はずっと眠たそう。まだ誕生日の疲れが取れきってないかもしれない。

6am、採血。

7amに売店でコーヒーを買ってきて、昨日買ってきたグラノーラとヨーグルト、五剣山バウムクーヘンを食べる。

今日はお昼に外出予定なので、朝食は控えめに。

O先生から血液検査の結果、白血球は減っているが問題ないレベルということで外出許可をいただく。

談話室で1時間ほど仕事。

11:30am、両親が迎えに来てくれる。車椅子に乗って通用口から車に乗り込む。

12pm、近くのホテルでランチ。妻は日替わりの鰻丼&蕎麦、私はカレーうどん。まだまだ食の細い妻の残した分を食べると、完全に満腹になる。

その後、イオンへ行って車椅子で中を見て回る。たこ焼き屋とか、ウィッグとか。両親が夕食にと、あさりご飯、焼き鮭、玉子焼きの惣菜を買ってくれる。

病院の周辺エリアを車でまわってみる。なぜか屋上に観覧車のある宮脇書店の総本店とか、うどんの「たも屋」本店とか、いろいろ発見がある。

2pm過ぎに病院へ。予定より少しだけ早く戻ってきた。

売店でゼリー、アップルジュース、味噌汁のフリーズドライなどを買っていると、妻がちょっと塩気のものを食べたいというので、じゃがりこ、九州醤油のポテトチップスも一緒に買う。こうやって車椅子を押しながら、一緒に買い物できるのが嬉しい。

病室でU-Nextで懐かしいアニメシリーズを見ながらスナックタイム。ど根性ガエルはじめ人間ギャートルズハクション大魔王と1話ずつ見ていったあたりで眠くなってきて仮眠。

目が覚めると、やっぱり食欲が無い。

しばらく妻の足をマッサージしたあと、リハビリを兼ねて病棟を一緒に散歩してみることに。婦人科病棟である東病棟の端まで歩くと、大部屋の夕刻は結構にぎやか。談話室で休んだりしながら、ぶらぶら歩いてまわる。

すると、給湯室に電子レンジやトースターがあることに気がつく。これで冷蔵庫から出したものも温めて食べることができる。。。

戻ってからも、やっぱり夕食という感じでもないので、じゃがりこの残りとシリアルを食べながら、U-Nextで妻が好きだった犬バージョンの名探偵ホームズ(宮崎駿が関わっていたらしい)、聖闘士星矢プロゴルファー猿ゲゲゲの鬼太郎と見ているあたりでまた眠くなってくる。

リストランテ・パラディーゾをみるころには妻は完全に眠っていたので、そのまま就寝。