ある卵巣がん患者配偶者の記録

2015年1月から9月までの戦いの日々

腹水細胞診

H医師の回診。

「まだ病理の結果はでてませんが、ひとつわかったことがあります。腹水の細胞診が陰性でした」

手術前の画像データからも、腹水があることはわかっていた。

通常、腹水ときくと、末期ガンを連想してしまう。それで不安になったりもしたのだが、よく調べてみると卵巣の場合には良性腫瘍でも腹水がでることがあり、メイグス症候群という名前がついていたりする。

もし手術中に採取した腹水を調べてガン細胞が見つかった場合には、腹腔内にガン細胞が広がっている可能性があるのでステージが1c期以上となる。

卵巣に穴が開いて中の液体が漏れたり、あるいは手術中に皮膜が破れてしまった場合に起きることだが、そういった場合でもガン細胞が定着するまえに早めに洗浄できれば問題にならない可能性も高いという。

腹水からガン細胞が出てこなかったということは、1a期の可能性がでてきたことになる。

術中破綻をおこさず丁寧に病巣部をとりだしてくれたH医師に感謝。おへその上まで大きく切ったことも報われた。

広告を非表示にする