読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある卵巣がん患者配偶者の記録

2015年1月から9月までの戦いの日々

VAC療法C1D15

抗がん剤1コース目の15日目。VACのV(ビンクリスチン)単剤投与の日だ。

夜中に5度ほどトイレに。

体温37.2度。

ヘモグロビンは6,500で横ばいだが、好中球7,000、血小板210,000といきなり急上昇。

朝食はハムチーズパンを一口とあんぱん1/3。午後ティー無糖を少し。

9:30am、トイレにて少量の下痢。

その後、H先生がきて、骨髄の回復が予想以上に速いので、G-CSFを今日は投与していないことを確認し、予定通りd15のビンクリスチン投与を実行することに。

10:30am、体温が38度まで上がっている。

薬剤師のHさんがきて薬について説明。

妻は昼食を食べたくないというので、私だけ食堂できつねうどんを食べてくる。

1:30pmにO先生がきたときにポート部の痛みをうったえる。前回と同じく、カテーテルが鎖骨に当たる部分が痛いらしい。しかし、赤くなったりはしていないので特に問題ないとの判断になってしまう。こういう細かい不快感については、なかなか完全にはケアしてもらえない。

2pmからデキサート6.6mgを30分かけて滴下。

3pm前よりオンコビン2mg滴下開始。高速に5分ぐらいで落とすべきだが、点滴の落ちが悪く20分以上かかった。

母が迎えに来てくれたので、シャワーを浴びに帰る。途中、パン屋のゲルンで妻の明日の朝用のミニパンを買う。

帰路、明日の京都出張に向けて靴と靴下を買いに行く。アメリカから帰国してくるとき、ほとんどの衣類は船便で送っていたがまだ到着しておらず、着の身着のままでTシャツ・短パン・サンダルしか持っておらずビジネスで人に会えるような格好ではなかったのだ。適当なお店で安い1980円の靴と二足680円の靴下をゲット。

7pmに病室に戻り、夕食。ミニパン一個、スイカ3切れ、弁当のご飯ほんの一口づつ、Qooのゼリー。

10pmまでCrunchyrollで「ビブリア古書堂」を一緒にみてから就寝。妻もこのシリーズは楽しんで観ているようだ。