読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある卵巣がん患者配偶者の記録

2015年1月から9月までの戦いの日々

VAC療法C2D8

夜中は3-4回トイレ。いつもより少し頻度が落ちたようだ。

4amに一度、体温が38度まで上昇し、寒気で電気毛布を出してもらったが、その後は落ち着く。

朝、二度寝してしまったので目が覚めたら8am。

お腹が空いたというので、車椅子を出して下の食堂へ。卵とトーストとサラダのモーニングをほぼ一人前と小さいチョコクロワッサン、ロイヤルミルクティーを食べた。久々のきちんとした食事量で、食べる姿を見ていて嬉しさで胸がいっぱいになる。

9amにH先生から説明があり、好中球はまだ1000あり、LDHも半減して350程度、しっかり今日のオンコビン投与はやれそうとのこと。

今回はG-CSFの同日投与なし。初回時、抗がん剤とG-CSFの同日投与についてかなり食い下がったので、意識してくれているようだ。

また寒くなって電気毛布を出してもらう。

10:18amからオンコビン滴下開始。今回はよく落ちるのでほど予定通りの10分で終了。

お昼は、妻が何も食べられないということで一人で食堂へ行き、ちゃんぽんを食べてくる。

妻は、売店で買ってきた焼きプリンだけ少し食べる。

3pm過ぎに母が迎えに来てくれたので、一時帰宅。病院近くのアパート検索に没頭して、ちょっと戻りが遅くなる。

この頃には、病院のすぐ近くで一人暮らしできるアパートを検索するようになった。毎日、シャワーを浴びるためだけに片道45分かけて一時帰宅するというのは、毎日2往復している送迎の母も大変だし、時間のロスも大きい。妻の治療がうまくいって仕事にもっと時間を振り向けられるようになってくれば、近くにアパートを借りて自分のことは自分でできるようにするのが良いように思えた。

7pm、病院到着。今晩の弁当は焼きそば。

7:30pmから談話室のフォンブースでミーティング、9pmまで。